TOEIC800点以上ってどれぐらい評価される?

TOEIC800点以上ってどれぐらい評価される?

普段TOEICに馴染みがある人であれば、どれくらいの点数でどのぐらいのレベルかはイメージできると思います。

でもそうでない人は「そもそも800点ってどうなの」って感じですよねw

そこでTOEIC800点ってどのようなレベルなのか?どのような評価をされるのかみていきましょう!

セレン式TOEICメゾッドHP

TOEIC800点の難易度

まずTOEIC800点の難易度ですが、1説によるとTOEICで800点以上を取れれば、英語学習者の中でも「トップ約10%」までいけると言われています。

もちろん上を見たらキリは無いかもしれませんが、なかなか上位だということがわかりますねw

10人いれば1番か2番目くらいなので、TOEIC800点は、すごさとしてもなかなか上級者レベルまで到達できていると言えます。

また、英語力のレベルを認定する資格はいくつも存在しますが、目安としてTOEIC800点は国内でTOEIC同様に知名度のある英検では準一級レベルに相当するとも言われています!

つまり「誰でも簡単に到達できるレベルではない」ということはすぐに分かりますよね。

そういったレベルに最短3か月で到達できる可能性があるので、セレン式TOEICメソッドが騒がれるのも無理はありませんw

TOEIC800点の評価

あくまでも1例ですがTOEIC800点以上を獲得した人がどのように評価されているかみていきましょう!

大学生の場合

大学生の場合、600点のスコアを取っていると、就活において企業側の設定している基準をクリアできている言えます。

ということは、大学生がTOEIC800点を取っていたらちよほやされるレベルじゃないでしょうか?(あくまでもイメージですw)

就活する際もTOEIC800点というのは大きな評価につながると思いますので、いかにセレン式TOEICメソッドが将来につながるかが理解できますね。

社会人の場合

TOEIC800点を取っていれば、昇進・昇格でマイナスになることはほぼなく、むしろプラスに働くことが多いと思います!

ちなみにTOEIC800点を取っていれば海外駐在員として赴任できるレベルなので、人から英語ができると思われるレベルと言っても問題無いですね。

これだけの評価がもらえるスコアであれば多くの企業にとって、転職・就職・仕事で有利に働くのは間違いありません!

セレン式TOEICメソッドがどれだけびっくりする内容なのか、改めて気づかされますねw

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る